雑音端子電圧測定|一般電子機器|システム紹介|株式会社テクノサイエンスジャパン

pageimg

一般電子機器

雑音端子電圧測定

image被試験機器の電源線を通じて放出される伝導性雑音を、LISN(疑似電源回路網)を通して検出し、電圧値として測定するシステム。
EN・CISPR・FCC・VCCI・電安法、各国規格に準拠。
image

【概要】

システムの中心となる自動測定ソフトウェアTEPTO-DV/CEは、スペクトラムアナライザ・EMIレシーバ・LISN・スイッチマトリクスを的確に制御し、簡単な操作で全体域の波形スペクトル取得から、準尖頭値検波による精密測定を行います。

LISNの測定相自動切換えに標準対応(別途I/Oボード等必要です)また、自動測定モードのほかにマニュアル測定モードを備えています。

各社メーカーのEMIレシーバ・スペクトラムアナライザ・LISNを標準サポート。ハイインピーダンスプローブ・ISN等関連アクセサリも豊富に取り揃えております。また、既存のハードウェアを活用したシステムアップやグレードアップも承ります。

納入時にはユーザーのカスタマイズ要求に対応した試験条件を作成致します。

【特長】

EN・CICPR・FCC・VCCI・電波法 等に規格対応
スペクトラムアナライザとEMIレシーバのコンビネーションにより、高速化と高度化を実現
各社メーカーのハードウェアに標準対応のため、フレキシブルなシステム構築が可能
専用設計されるRFスイッチマトリクス
使用ユーザーレベルの自動判別により、使用上の安全性と信頼性を向上
LISNは単相10Aの小型機器用から三相300Aの大型装置用までラインナップ
ISNや各種プローブを用いた信号線の伝導測定システム構築も可能

【対応規格】

EN・CISPR・FCC・VCCI・電安法 等

【関連製品】

image
EMIレシーバ
image
V-LISN
image
ソフトウェア
TEPTO-DV/CE
(c) Co.,Ltd. All Rights Reserved.